FC2ブログ

アンモナイトが来た道

発掘しない化石愛好家がつづる 伊豆アンモナイト博物館公式ブログ

2020-06

知の巨人のコレクション 「澁澤龍彦 ドラコニア・ワールド」

日本を代表する知の巨人、澁澤龍彦氏(1928-1987)。
生き物や地質学などへの造詣も深かったようです。

龍彦の領土、『ドラコニア・ワールド』に集まってきたオブジェたちは、
貝殻や化石、かわった石や木の実など実に様々。
澁澤コレクション・タツノオトシゴ
ドラコニア・ワールドの“一員”タツノオトシゴの標本

名誉あるその“一員”になるためにはある基準があるそうで、それは・・・
“何の役にも立たないこと”
なんと厳しくも素敵な基準ではありませんか?
オウムガイ
とりわけお気に入りだったというオウムガイの殻
こちらは当館所蔵


「ルリボシカミキリの青」 “青に魅せられた少年”

ベストセラー「生物と無生物のあいだ」の著者、
分子生物学者福岡伸一氏のエッセイ。
広い視野と謙虚な姿勢で “世界”を見つめていらっしゃいます。

少年時代の鮮烈な “青” との出会いのエピソードは感動的です。

虫の虫だった福岡少年の憧れ、それは鮮やかな青色のルリボシカミキリ。
その“青”は、フェルメールさえも作りえないといいます。

ルリボシカミキリの青に魅せられた昆虫少年は、
やがて生物学者になりました。
色あせないその “青” を追いかけて・・・



今晩のおかずにも登場! 「チリモン博物誌」

釜揚げシラスチリモン

釜揚げシラスの中に小さなイカを発見!!
とくに意味はないけれど、わくわくするような・・・。

このわくわく感に通じるのが、“チリモン”。
チリモンとは、チリメンモンスターの略称で、
ちりめんじゃこの中に混じっている、じゃこ以外の生き物たちのこと。

この本の素晴らしいところは“ おもしろさ” と “専門性” が両立しているところ。
チリモンたちの分類、それぞれの特徴や生態についての解説も充実しています。
その種類の豊富さにも驚きです。

何か見つけたとき、どんな生き物かが分かると、
おもしろさに分かる楽しさが加わり、世界が広がってゆきます。

それにしても、せいぜい1~2センチほどの小さなチリモンに夢中になるのは
いかにも日本人らしい感性ではないでしょうか。


「生きもの上陸大作戦」 絶滅がもたらすものとは?

“絶滅”と聞くと、全てが終わってしまうかのようです。

しかし、絶滅という現象は単なる消滅ではなく、
新しい生を生み出し、進化をうながすという
側面があると本書は教えてくれます。

生き物たちは、5億年という途方もない時間の中で
絶滅と進化を繰り返しながら上陸を果たし
「生」のドラマを展開してきました。

そのドラマは今につながっています。
そして、明日へ・・・


「ダーウィン進化論入門」 “進化する”ってどういうこと?



ダーウィン(1809-1882)が「種の起源」を出版したのは1859年。
日本が幕末の混乱期を迎えていた頃です。

本書では、ダーウィンの進化論についてを
分かりやすく解説するばかりでなく、
「進化論」が世に出るまでのその経緯と苦悩、
そして、その後の社会に与えた影響まで、
より広く「進化論」というものを知ることができます。

ダーウィンの生い立ちからその人となり、
家族や交友関係に至るまで “人”としての魅力にも
新たな発見と感動があります。

«  | ホーム |  »

 

プロフィール

saccocoma

Author:saccocoma
発掘しない化石愛好家(♀)

石、化石、生き物・・・
たちを色々な視点から
熱いまなざしで
見つめています。
趣味は書店、古書店を
巡り、ときめく書籍を
探すこと。現在
“おもてな師マイスター”
として、おもてなし名人を
目指し奮闘中。

Facebook

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
アンモナイト (6)
無脊椎動物 (8)
化石 (5)
ライブラリー (11)
施設・イベント (8)
伊豆・伊東 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR