アンモナイトが来た道

発掘しない化石愛好家がつづる 伊豆アンモナイト博物館公式ブログ

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘリコプリオン アンモナイトに見せかけて・・・

2013新宿ミネラル

毎年恒例、新宿で開催される、「東京国際ミネラルフェア」
今年の特別展は、「ザ・シャーク」

こちらでは“謎の渦巻き”との出会いがありました。

ヘリコプリオン2
ロシア・ペルム紀(約2億9900万年前~2億5100万年前)
直径25センチ

異常巻きアンモナイトのようにも見えますが、
アンモナイトではありません。

なんと、サメの歯の化石(レプリカ)、
ヘリコプリオン(ゼンマイ状のノコギリという意味)。

軟骨魚類のサメの、「歯」以外の化石は
極めて残りにくく、情報が少ないのです。
未だその所属すら不明で、
上あごの歯なのか、下あごの歯なのかさえ
謎に包まれています。

そのため、色々な仮説があるようで・・・

ヘリコプリオン2
ヘリコプリオン1

実に様々な復元が試みられています。
一説には、アンモナイトと勘違いして近寄ってきた獲物を
パクリと食べていたのではとも言われています。

日本では、群馬県、宮城県で発見されています。

“謎のギザギザ渦巻き”

確かなのは、このような歯を持ったサメがかつて存在したということ。
どんな姿で太古の海を泳いでいたのでしょう・・・

消えていった生き物がもたらした想像の余地は、
あまりにも広大です。


スポンサーサイト

地味ですが、“時代の顔” です イノセラムス(二枚貝)

前回のつづきです。

時代の顔、示準化石として活躍するには次の3つの条件が必要です。
①生存期間が長い②地理的分布が広い③産出する個体数が多い

どんなに有名で人気があっても、産出固体数が圧倒的に少ない恐竜は
この条件を満たさず示準化石にはなれないのです。

アンモナイトと同じ中生代の示準化石「イノセラムス」(二枚貝の仲間)は、
地味で知名度もそれほど高くはありませんが、示準化石としては優等生です。
イノセラムス
北海道産 イノセラムス(白亜紀後期) 
長細く、パエリアでおなじみのムール貝とよく似た形をしています。

当館の化石クリーニング体験でも必ずと言っていいほどよく出てくる
“遭遇度ナンバー1”の化石です。

アンモナイトや三葉虫ほどの“スター性”はありませんが、
とにかくたくさん見つかる、示準化石としてはとても有用な
“働き者”の化石と言えるでしょう。


“時代の顔” です  示準化石 (しじゅんかせき)

ある時代に限って産出する化石を「示準化石(しじゅんかせき)」といいます。
その時代を代表する“顔”のような存在です。

エパスピドセラス
マダガスカル産アンモナイト エパスピドセラス(ジュラ紀)

アンモナイトは、約2億5000万年前~約6600万年前の
中生代(ちゅうせいだい)の地質時代を代表する示準化石として
知られています。
中生代_01

その前の地質時代、約5億4000万年前~約2億5000万年前の
古生代(こせいだい)を代表する示準化石としては
三葉虫(さんようちゅう)が有名。

三葉虫

モロッコ産 三葉虫 メタカンティナ(デボン紀) 

“石” じゃなくても “化石” です

“化石”というと、その字のごとく“石”が思い浮かびます。

しかし、そもそも化石をひとことで定義すると、
「過去(地質時代)の生物の遺骸または生物が残した痕跡」
となり、硬くなった石に限らないので、琥珀の中の虫も化石ですし、
マンモスの毛も“石”ではありませんが化石なのです。

バルティック琥珀クサカゲロウ
バルト海産虫入り琥珀 閉じ込められているのはクサカゲロウ(約3000万年前)
アンドリュー・ロス著 「琥珀 永遠のタイムカプセル」より

ちなみに、化石を意味するfossil(フォッシル)とは、
元々は「掘り出されたもの」という意味で、かつては、
鉱物や人類の遺物などもfossilに含まれていましたが、
現在では過去の生物の痕だけに限られています。


唯一無二の“相方” 雄型(おがた)と雌型(めがた)

アンモナイトそのものにもワクワクしますが、
石からとれた跡がきれいに残っているとうれしさ倍増です!

本体が雄型(おがた)、とれた跡が雌型(めがた)です。
菊谷さんイラスト_01
サイエンス・イラストレーター菊谷詩子氏によるアンモナイトの雄型と雌型

化石のまわりに付いている石を取り除く作業(化石クリーニング)の
過程で雌型は壊れてしまうことがほとんどで、
一撃できれいに石から外れた場合にのみ雄型と雌型が揃うのです。
お互いに唯一無二なので、パズルのようにパチッとはまります。

両側の雌型が残ろうものなら、盆と正月が一緒に来たような
おめでたい気分になりましょう。
ブログ用3点セット
北海道産ゴードリセラスの3点セット(白亜紀後期)


 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

saccocoma

Author:saccocoma
発掘しない化石愛好家(♀)

石、化石、生き物・・・
たちを色々な視点から
熱いまなざしで
見つめています。
趣味は書店、古書店を
巡り、ときめく書籍を
探すこと。現在
“おもてな師マイスター”
として、おもてなし名人を
目指し奮闘中。

Facebook

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
アンモナイト (6)
無脊椎動物 (8)
化石 (5)
ライブラリー (11)
施設・イベント (8)
伊豆・伊東 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。