アンモナイトが来た道

発掘しない化石愛好家がつづる 伊豆アンモナイト博物館公式ブログ

2018-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯一無二の“相方” 雄型(おがた)と雌型(めがた)

アンモナイトそのものにもワクワクしますが、
石からとれた跡がきれいに残っているとうれしさ倍増です!

本体が雄型(おがた)、とれた跡が雌型(めがた)です。
菊谷さんイラスト_01
サイエンス・イラストレーター菊谷詩子氏によるアンモナイトの雄型と雌型

化石のまわりに付いている石を取り除く作業(化石クリーニング)の
過程で雌型は壊れてしまうことがほとんどで、
一撃できれいに石から外れた場合にのみ雄型と雌型が揃うのです。
お互いに唯一無二なので、パズルのようにパチッとはまります。

両側の雌型が残ろうものなら、盆と正月が一緒に来たような
おめでたい気分になりましょう。
ブログ用3点セット
北海道産ゴードリセラスの3点セット(白亜紀後期)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uzumaki1000.blog.fc2.com/tb.php/8-cff21354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール

saccocoma

Author:saccocoma
発掘しない化石愛好家(♀)

石、化石、生き物・・・
たちを色々な視点から
熱いまなざしで
見つめています。
趣味は書店、古書店を
巡り、ときめく書籍を
探すこと。現在
“おもてな師マイスター”
として、おもてなし名人を
目指し奮闘中。

Facebook

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
アンモナイト (6)
無脊椎動物 (8)
化石 (5)
ライブラリー (11)
施設・イベント (8)
伊豆・伊東 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。